パンに癒される日々





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

 シドのパン達 :: 2009/12/19(Sat)

 先日、メールのやり取りから、シドで働いてるA・Wさんが良かったらシドのシュトレンとパンを送りましょうか?と言って下さったので、お言葉に甘えて送ってもらう事にしました。

 A・Wさんのご厚意で頂く形と成り、大変申し訳なく思いましたが、次回お会いする時に何か別の形でお返しをしたいなと思ってます。

 シドのパンは以前一度伺った際、色々買いこみましたが、どれも美味しくて、今回もワクワク。

 Aさんセレクトのパンはフィグ・・・無花果をたっぷり練り込んでて、形も無花果型でしたよ。オリビエ・・・アンチョビ入りのグリーンオリーブ入りの細長いパン。シャティ―ニュ…ロデブ生地に栗が入ったちょっと贅沢なパン。セーグルアマンドオランジェ・・・いよかんピールとアーモンドが入ったパン。クロッカン・・・ナッツ類たっぷりのお菓子。クランベリー&ピスタチオ(すみません、付箋無くしちゃって、正式名違うかと思います)、スコーン、カヌレ、黒こげ(←商品名で、黒糖のラスクです)
pane2 008pane2 007pane2 009
 ロデブ生地の栗入りのシャティ―ニュ、好みの生地です。しっとりモチモチです。少し酸味も感じられましたが、そこがまた美味しい。栗の甘さと生地の酸味が良くマッチしてて、女性にとても好まれそうなパンだと思いました。

house 004

 セーグルアマンドオランジェはいよかんの風味が良く感じ取れる味わいのパンでした。柑橘類好きな私にはたまりませんでしたよ。
house 003

 最近人気の上がってるピスタチオ使用のパン、色目も緑色してて綺麗でしたし、フランボワ―ズの酸味と良く合ってました。土台はタルト生地のような感じ。しっとりとしてました。
house 002

 スコーンはフォルム的にはもう少し高さの出てるタイプが好みなんですが、しっかりと焼きあげられてました。

 カヌレは日本でも一時流行りましたが、ここ数年見かけて無かったので、懐かしさが有りました。パンプティングのような味わいのカヌレ、昔と変わらない味わいでした。カヌレ、現時点で作られてるパン屋さん、少ないんじゃないかな?
house 001

 オリビエは私的には塩気が強過ぎて今一つでしたが、ワインと共だったらより美味しく感じれそうなパンでした。
 
 クロッカンはナッツ類が苦手な私でも美味しく食べれました。

 そして、シュトレン、先の日記でも書きましたが、優しい味わいで食べ易かったです。今期食べた中でも私の中では一押しかも。数日経った後味わいがどのように変わるかも今から楽しみです。
pane2 010

cibi 006

 シドのパンの、今回食べた中で一押しだったのが、黒糖ラスク、今迄食べたラスクの中でも一番美味しいと感じたラスクです。
 サクサク感が最高です、甘さも食感も抜群な味わい。真似出来たら良いのにな―。病みつきに成りそうなラスクでした。
house 005

 沢山のパン、A・Wさんに本当に感謝です。ご馳走様でした。
 
 お店も素敵なので又近い内に訪問したいです

sido boulangerie (シド ブーランジェリー)
059-355-4321
三重県四日市市松本3-8-7 ブルーム1F
8:00~19:00
定休日 水曜日

スポンサーサイト

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

  1. パン
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<< 贅沢な素材を使って焼いた食パン | top |  昨日はLe Bois Noir(ボワノワール)、第2回目>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakotaku.blog53.fc2.com/tb.php/240-973df498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。